ザイザルやその他のアレルギー治療薬の効果作用

鼻炎・花粉症などアレルギー反応により引き起こされる症状の効果的な治療薬として有名なものに、「ザイザル」があります。
抗ヒスタミン薬の中でも第2世代に分類され、高い効果を維持したまま第1世代よりも副作用が抑えられた優秀な薬です。
ここではザイザルがもたらす効果・作用や持続時間、正しい飲み方などを解説します。
また、ジルテックやアレロック、アレグラといった他のアレルギー治療薬に関してや、市販薬の有無などに関しても一緒に学んでいきましょう。

ザイザルの効果作用

ザイザルは、花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎などの治療に用いられる抗ヒスタミン薬のひとつです。
効果が高い代わりに副作用である眠気作用も強い花粉症薬・ジルテックのデメリットを改善した薬として開発されました。
第2世代の抗ヒスタミン薬であり、第1世代と比べてヒスタミン受容体に対する選択性が高い点、抗コリン作用などの余計な成分が減少されている点から見て非常に優秀な薬です。
第1世代の抗ヒスタミン薬のデメリットでもある、口の渇き・排尿障害などの副作用もほとんど見られない点、脂溶性が低く脳に入りにくいため眠気の副作用もやや抑えられている点も見逃せません。

ザイザルの主成分であるレボセチリジン塩酸塩は、即効性が高いため鼻炎の症状が出た場合の対応に最適です。
レボセチリジンが持つ、ヒスタミンH1受容体拮抗作用により、侵入したアレルゲンが引き起こす花粉症状(生体防御反応)を抑えます。
具体的に施される効果作用は、鼻炎やくしゃみ、鼻水・鼻づまりの緩和です。
花粉症の他に、皮膚炎や痒疹・皮膚そう痒症、蕁麻疹、湿疹にも効果の発揮する薬です。

比較的即効性が高めである上に、持続時間も他より長い傾向にあります。
服用後、まもなく効果が現れます。
中でもくしゃみ・鼻水に効果が高く、鼻づまりや目のかゆみにも多少効果があります。
アトピー性皮膚炎に関しても、かゆみを軽減させる作用があります。

ただ気をつけたい点としては、ザイザルはあくまでアレルゲンによって引き起こされる諸症状をストップさせる対症療法薬という点です。
アレルギーの原因そのものを排除する、原因療法薬ではありません。
薬の効果が強い分、眠気も多少伴います。
ザイザルを服用した状態での自動車の運転や危険を伴う機械類の操作、高所での作業などは避けましょう。

ザイザルの正しい飲み方

ザイザルの説明書とも言える添付文書には、薬を服用してから成分の血中濃度が最も高まるタイミングは、服用後1時間と記されています。
服用1時間後からすみやかに効果が出ることから、即効性の高い薬という評価へと繋がっています。
効果が持続する時間も長く、一般的には24時間以上とされています。
臨床試験上では、最大32時間持続するとの報告もあり、その効果の長さも窺い知れます。
そのため、成人は1日1回の服用、15歳までの小児に関しては半分の用量を1日2回に分けての服用が基本となっています。

ザイザルは、錠剤タイプと飲み薬タイプの2種類存在します。
錠剤に関しては、白い錠剤の5mg錠のみです。
錠剤タイプの場合は7歳以上からという条件つきですが、飲み薬タイプの場合は生後6ヶ月の乳児からでも服用が可能です。

具体的な用法用量は、成人の場合レボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与します。
就寝前に服用する理由は、服用後に眠気作用が現れる確率が高いためです。
年齢や症状によって用量の増減があるものの、最高でも1日10mgまでとされています。
7歳以上15歳未満の小児の場合、レボセチリジン塩酸塩として1回2.5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与することが正しい用法用量となります。

前述の通り、効果は最低でも1日程度なら持続する薬であるため、毎日就寝前など同じ時間に飲むようにさえすれば、服用期間中は体内に常に薬効が現れている状態になります。
逆に言えば、毎日決まった時間に飲まないと一時的に薬の効果が切れる可能性があり、花粉症状が表出する恐れがあります。
基本的には就寝前、もしくは医師・薬剤師から指示された通りの時間帯に毎日必ず使用しましょう。

ザイザル以外のアレルギー治療薬にはどんなのがある?

ザイザル以外のアレルギー治療薬には、改良前の第1世代のジルテックの他に、同じ第2世代であるアレロックやアレグラなどがあります。
いずれも抗ヒスタミン薬に分類され、第1世代の薬から改良を加えられた比較的新しい薬です。

アレロックの主な作用は、ヒスタミンの抑制作用に加えて、花粉が侵入してもヒスタミンを出させない抗アレルギー作用の2つが挙げられます。
花粉症による諸症状の緩和だけでなく、蕁麻疹や発疹、皮膚のかゆみの緩和にも使用されます。
2歳から服用できる点、1日2回の服用が必要など、用法は少しザイザルと異なります。

アレロック特有の副作用こそないものの、抗ヒスタミン薬に多い眠気や口の渇き、頭痛や倦怠感はよく見られます。
ザイザル同様、特に眠気が起こりやすいため、自動車の運転や危険な機械類の操作前の使用は厳禁です。

アレグラも、アレロック・ザイザルと同じ第2世代の抗ヒスタミン薬です。
1日2回服用が必要な点、2歳から服用可能な点はアレロックと共通しています。
他の第2世代の抗ヒスタミン薬よりも秀でている点としては、副作用が少なくリスクが低い点が挙げられます。
その安全性から、市販薬としても発売されている数少ない薬でもあります。
2016年11月より第一類医薬品から第二類医薬品へと規制が緩和されており、薬剤師ではなく登録販売者からも購入できるようになっています。
その分、効果自体も他2つより弱いというデメリットもあります。

特有の副作用こそないものの、アレグラも例外なく抗ヒスタミン薬の特徴的な副作用は見られる可能性があります。
しかし、アレグラに関しては運転前の服用を禁止する表記がないため、他の第2世代の薬と比べて副作用が少ないということが窺えます。

ザイザルはドラックストアに販売されている?

入手経路は病院での診察を受けたのちの処方薬として、もしくは医薬品専門の通販サイトで購入するかのどちらかであり、ドラッグストアで入手することは不可能です。
また、ザイザルと全く同じ成分を含む市販薬はまだ販売されておらず、安価なジェネリック医薬品もありません。

しかし、ザイザルの1世代前である「ジルテック」に関しては、同じ成分を用いた市販薬が販売されています。
ジルテックの主成分であるセチリジン塩酸塩を含む市販薬は、「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」の2つです。
この2つは、主成分はもちろん成分量・配合量に違いはありません。
1日1回服用といった用法用量も同じで、薬の強さと表出する副作用も同じです。

処方薬と市販薬の大きな違いは薬の価格です。
処方薬の場合、保険適用が可能であるため自己負担額は総額の3割となり、1日あたりの価格は半額近くにもなります。
対象年齢も、処方薬は7歳から服用可能ですが、市販薬の場合は15歳からとなります。

保険適用価格より若干高価ではあるものの、診察料など諸費用を考慮すればほぼ変わりないとも言えます。
病院から処方される薬と同じ薬であるスイッチOTC医薬品のメリットは、ドラッグストアや薬局、インターネットなどで購入が可能という手軽さです。
ご自身の症状によく効く成分さえ分かっていれば、効果的に市販の薬を選択することができます。
普段の生活が忙しくてなかなか病院に行く時間が作れない方にとって、強い味方であるのは間違いありません。

ただし、注意したい点として薬の飲み合わせがあります。
皮膚疾患用薬や鼻炎用内服薬など他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含む内服薬と一緒に使用することはできないため、注意してください。
また、服用後の飲酒も禁じられています。