ジルテック:市販薬or処方薬どちらが効果が強い?

ジルテック:市販薬or処方薬どちらが効果が強い?

ジルテックはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが受容体と結合するのをブロックして効果的に抑制し、花粉症の鼻炎やじんましんなどの症状を緩和します。
優れた抗ヒスタミン作用を持ちながら、眠気などの副作用が起こりにくいのもジルテックの特徴で、効き目が早いうえに作用時間も長く、1日1回の服用で24時間効き目が続く点も重宝されています。

ジルテックが眠くなりにくいのは、眠気のほかにも副作用が起こりやすかった第1世代抗ヒスタミン薬の問題点を解決してつくられた第2世代抗ヒスタミン薬に属しているからです。
ジルテックの有効成分セチリジン塩酸塩は脳への影響を抑えて眠気を防止し、ヒスタミン受容体を選択して働くため高い効果を発揮しやすくなっています。
ドライシロップなど子どもも服用しやすいタイプがある便利な抗アレルギー薬でもあります。

人気が高いジルテックはジェネリックも含め処方薬と共に市販薬もあり、効果の強さや続けやすさなど一通り把握して賢く選びたいものです。
薬は主成分が同じでも配合量の違いによって効き目が違って来ますが、市販薬も処方薬も同量であれば効き目は変わらないということになります。
大きな違いは処方薬のほうが同じ系統の薬でも種類が多いため、それぞれの体質や症状に適した薬を選びやすく、最適な薬が処方されやすいため効果があらわれやすいという点にあります。

同じセチリジン塩酸塩が有効成分で効き目もジルテックの処方薬と同様の市販薬もあり、それが自分の体質や症状に合えば良い効果が得られるため、その場合は処方薬も市販薬も同じくらい効くということになります。
市販薬は医師の処方無しでドラッグストア等でも購入可能ということで処方薬よりも安全性が高いとされ、副作用が起こりにくいことが大きなメリットと言えます。
市販薬は気軽に購入できる反面価格が高めだけに、長期服用を続けるタイプの薬であれば処方薬のほうが安価になります。
服用期間の長短で検討してコストパフォーマンスを見極める必要があります。

処方薬のジルテックは通販でも入手可能

高い効能を持つ抗ヒスタミン薬ジルテックを処方薬で服用し続けたい場合、薬が無くなる前に医師の診察を受けて処方せんを出してもらい薬局で購入する必要があります。
効き目が同程度でも市販薬は高めの価格であり、花粉症の場合はアレルゲンとなる植物の種類により長期にわたって服用し続けなければならないことを考慮すると、処方薬を選ぶほうが安価になります。

ジルテックの処方薬を購入したい場合は、まず病院で診察を受けて処方せんを出してもらう必要があり、薬だけの価格で言えば処方薬のほうが安いと言えますが診察料や通院のための交通費、待ち時間などトータルで考えた場合、近隣のドラッグストアで市販薬を購入するほうが時間のロスなく入手できると言えます。

最もお得なのは病院へ行かずに処方薬を購入するという方法になり、それを実現するのが個人輸入代行の通販ショップです。
処方せん無しでジルテックやセチリジン塩酸塩配合のジェネリックなども購入できます。
ジルテックはドライシロップも含め非常に人気が高いため市販品より処方薬を購入したいと考えている人が多く、処方せん無しで購入できる個人輸入代行の通販は非常に重宝されています。

重い副作用は起こりにくいとされているジルテックですが、処方せん無しで購入した場合これまで服用し続けて来た人も、通販ページに掲載されている用法用量や飲み合わせの悪い薬についての情報を熟読してから購入する必要があります。
ジルテックは医師の指示や用法用量を守って正しく服用していれば重篤な副作用は起こりにくいと言われますが、飲み合わせの悪い薬と併用してしまうと副作用が起こりやすくなります。
ジルテックに慣れている人も、通販から購入した際はもう一度注意点を把握してから服用を開始することで、高い効果を得ながらの安全な使用に繋げられます。