タリオンの副作用は?眠気やむくみなど

タリオンの副作用は?眠気やむくみなど

タリオンは、花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまりなどの症状を改善してくれる薬です。
花粉症の薬は眠気やむくみなどが起きやすいと言われているため、副作用が気になっている人も多いのではないでしょうか。
また、タリオンには後発薬もあり、先発薬との効果や副作用の違いについても気になるところです。

タリオンは第二世代の抗ヒスタミン薬に分類される薬です。
その主成分はベポタスチンベシル酸塩になります。
現在販売されているタリオンの錠剤には、このベポタスチンベシル酸塩が5ミリグラム~10ミリグラム配合されています。
また、後発薬の有効成分もタリオンと同じです。

人の身体のなかに花粉やハウスダストなどのアレルゲンが入ってくると、免疫機能が働いてヒスタミンという物質が分泌されます。
このヒスタミンが鼻の粘膜にあるヒスタミン受容体に結びつくと、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こすことになります。
ベポタスチンベシル酸塩というのは、ヒスタミンがその受容体に結びつくことを妨げることでアレルギーの症状を抑えます。

タリオンのよく知られている副作用としては、口の渇きや吐き気などがあります。
胃痛や下痢などの胃腸症状が出る人もいます。
まれですが、頭痛や頭重などを起こす人もいます。
また、薬にたいしてアレルギーのある人や皮膚の弱い人では、発疹や発赤といった皮膚症状を起こすこともあります。
しかし、タリオンには眠気や倦怠感などの副作用はあまりありません。

抗ヒスタミン薬を飲んだ場合に眠気やだるさなどが起きてしまうのは、薬の有効成分が脳の中枢神経を刺激して鎮静作用を示してしまうためです。
また、エネルギー代謝が抑えられることで体重増加やむくみが起きることもあります。
しかし、第二世代の抗ヒスタミン薬は、第一世代の抗ヒスタミン薬にくらべると脳血液関門を通過しにくくなっています。
そのため、中枢神経の鎮静作用によって起こる眠気やだるさ、むくみなどの副作用が起きにくいのです。

タリオンの飲み合わせや服用時の注意点

花粉症やアレルギー疾患の治療薬としてタリオンを飲む場合には、通常1日に2回ベポタスチンベシル酸塩として10ミリグラムを飲むようにします。
タリオンには、有効成分の量が異なる2種類の製品があるため、服用量を間違えないようにしましょう。
年齢や症状によっては、服用量が増減される場合もあります。
また、子供が服用する場合にも大人と同じ量の薬を飲むことができます。

タリオンは、花粉症やアレルギー性鼻炎の原因そのものを治療してくれる薬ではありません。
そのため、症状が出ている間は継続して飲み続ける必要があります。
腎臓や肝臓が良くない人では、この薬の排泄が遅れがちになったり、肝機能値に異常が出てしまうこともあるので、長期間服用する場合には副作用に十分に注意するようにしてください。
とくに肝臓の良くない人は、病院で定期的に検査を受けるようにしたほうが良いでしょう。

アレルギー性鼻炎や花粉症にかかりやすい人では、くしゃみや鼻水だけでなく、頭痛の症状が出てしまう人もいます。
この場合にもヒスタミンという物質が関係しているので、抗ヒスタミン薬であるタリオンを飲めば頭痛の症状を緩和することができます。
しかし、抗ヒスタミン薬によって逆に頭痛や頭重を起こしてしまう人もいるため、副作用とアレルギーの症状とを間違えないようにしましょう。

薬の飲み合わせについては、とくに注意喚起などはされていません。
そのため、症状がひどい場合には鎮痛剤やステロイド薬などといっしょに飲むことも可能です。
ただし、他の抗ヒスタミン薬と併用した場合には、眠気や倦怠感などの副作用が強く出てしまうこともあるので注意してください。

また、薬の服用期間中にアルコールを飲むことも問題ないとされています。
しかし、アルコールと薬をいっしょに飲むと、一般的には薬の効果を弱めたり副作用が強く出てしまうこともあるので、多量のアルコールといっしょに飲むことは避けたほうが良いでしょう。