子供の花粉症にはザイザルシロップ

子供の花粉症にはザイザルシロップ

ザイザルシロップはアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹、皮膚炎などのアレルギーが原因となって起こる症状を緩和する働きのある薬です。
ザイザルシロップの特徴は甘い味付けになっているため子供でも飲みやすいということです。
一般的にアレルギーの薬はカプセルや錠剤が多いので、小さな子どもでは飲み込みにくいということがデメリットとなりますが、ザイザルシロップなら液状になっているために小さな赤ちゃんでもスプーンやスポイトを使って服用することができます。

以前は子供の花粉症は数の少ない事例でしたが、最近では子供の花粉症患者の数がどんどん増えており、花粉症の時期には鼻水が出たり、目がかゆくなるといった症状で悩む子供がたくさんいます。
花粉の時期にそのような症状が子供に出はじめたら花粉症を発症している可能性があります。

子供の花粉症は、症状が軽いうちには様子を見ているだけで十分なケースもありますが、症状が強くなると毎日の生活に支障をきたし、学校や幼稚園での生活がいつも通りに行えなくなることもあります。
また赤ちゃんの場合には鼻水が出ても自分で鼻をかむことができないので、鼻水で鼻がつまってしまうと呼吸がしづらくなり、苦しそうにしていることもあります。

そのような辛そうな症状を見つけた時には医療機関を受診してみると花粉症だと診断を受けるかもしれません。
もしも花粉症だと診断をされたらザイザルシロップを処方してもらえる可能性があります。

花粉症の薬は他にいくつかのものがあるので、どれを使ってもいいのですが、子どもの花粉症の場合にはザイザルシロップがおすすめです。
ここまで飲みやすい味のシロップも珍しいですし、赤ちゃんがスプーンやスポイトで飲むことができるということも大きなメリットです。
もしも、子供が花粉症になってしまった時にはザイザルシロップを処方してもらって使用してみると、花粉症による辛い症状が軽減する可能性があります。

ザイザルシロップには副作用がある?

ザイザルシロップは花粉症の薬の中ではアレルギー症状を抑える効果はしっかりとありながら、副作用である眠気が出にくいような作りになっていることが特徴です。
ただ、全く副作用がでないというわけではなく、人によっては服用後に眠気を感じる人がいるようです。

副作用の眠気は寝る前に服用するようにすると、就寝中は眠気が起こっても特に支障はありません。
しかし、効果が長く続くということは副作用の眠気も同じように長い時間にわたって感じることがあるので、日中に強い眠気を感じる可能性があると知っておく必要があります。
副作用である眠気を強く感じている時には、車の運転や高い場所での作業など危険が大きくなることがあるので、できる限りそういったことは避けるようにしなくてはいけません。

ザイザルシロップの副作用には眠気以外にも口の渇きがあります。
抗ヒスタミン薬にはもともと口の渇きが出やすいという特徴があり、ザイザルシロップは他の薬に比べて口の渇きが出にくいように作られていますが、それでも完全に口の渇きを感じないというわけではありません。

眠気や口の渇きなどの副作用は人によって症状がでる人とでない人に分かれますし、同じ人でも副作用がでる人出ない日がある人もいます。
副作用にどのようなものがあるのかを把握しておき、ザイザルシロップを服用している時にはそういった副作用が出る可能性があると知っておくことも重要で、知識があることで副作用が起こっても慌てずに対処することができるようになります。

ザイザルシロップにはこのような副作用がありますが副作用の出現頻度が低い割には、アレルギーによる症状を抑える作用がしっかりとある優秀な抗ヒスタミン薬で、特に子供や赤ちゃんでも飲めるところが大きなメリットです。