市販薬クラリチンEXの効果とは

市販薬クラリチンEXの効果とは

クラリチンEXは、大正製薬から販売されている抗ヒスタミン薬です。
花粉症やハウスダストによる鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状によく効きます。
また、アレルギーが原因で湿疹や蕁麻疹が出ている場合にも、これらの症状を抑える効果があります。

クラリチンEXの主成分は、ロラタジンという第二世代の抗ヒスタミン薬です。
ロラタジンは、かゆみや鼻炎などのアレルギー症状を起こす物質であるヒスタミンの受容体に働くことで、様々なアレルギー症状を抑えることができます。

主成分としてロラタジンが配合された薬は、最初クラリチンという製品のみが販売されていました。
大正製薬から販売されているクラリチンEXは、そのジェネリック医薬品になります。
そのため、この薬の有効成分や効果・効能、副作用などは、先発薬であるクラリチンと変わりありません。
この薬は1日1回服用するだけで良く、作用時間が長いことが特徴となっています。

従来、クラリチンには医療用の医薬品だけが存在し、市販薬の販売は許可されていませんでした。
そのため、この薬を使用したい人は、病院で処方箋を書いてもらい薬局で処方してもらうか、個人輸入で薬を購入する必要がありました。
しかし、現在ではロラタジンを含む薬は市販薬としての販売が認められているため、病院処方や個人輸入のほか、ドラックストアでも購入することが可能です。

医薬品は、医療用医薬品のほか、要指導医薬品と一般用医薬品の3つに分類されます。
クラリチンEXは、このうちの要指導医薬品となっています。
そのため、クラリチンEXを通販で購入することは現在はまだ出来ません。
この薬を処方箋なしで購入する場合には、必ずドラックストアで薬剤師による説明を受けた後で買わなくてはいけないことになります。

なお、クラリチンEXには通常の錠剤タイプのほかに、飲みやすいOD錠と呼ばれるタイプの製品もあります。
こちらは口のなかで溶けて有効成分がすぐに吸収されるため、水なしでの服用が可能になっています。
クラリチンEXOD錠も、1日1回の服用で花粉症や鼻炎の症状を抑えることができます。

クラリチンは副作用がほとんどない?

クラリチンEXの有効成分であるロラタジンは、副作用が少ないことで知られています。
また、市販薬として販売されているクラリチンEXには、口の渇きや胃部不快感などをもたらす抗コリン薬も配合されていません。
そのため、クラリチンEXは花粉症を抑える薬のなかでも副作用が出にくい製品となっています。

花粉症を抑える抗ヒスタミン薬のなかには、第一世代と呼ばれるものと第二世代と呼ばれるものがあります。
このうち第一世代の抗ヒスタミン薬は、有効成分が脳血液関門を通過しやすく、中枢神経に働いて鎮静作用を示すという副作用がありました。
クラリチンEXを含む第二世代の抗ヒスタミン薬は、有効成分が血液脳関門を通過しにくく、眠気や意識低下などの副作用が起こりにくくなっています。

しかし、誰にでも副作用が起きないというわけではありません。
人によっては、注意力や集中力が低下することもあります。
そのため、自動車の運転をするときや危険な作業をするさいには、十分に注意する必要があります。

1回に多くの量を飲んでしまうと副作用が出やすいため、クラリチンEXを服用するときにはきちんと用量を守ることが大切です。
また、薬の飲み合わせによっては、有効成分であるロラタジンの血中濃度が上がって、副作用が強く出てしまう場合もあります。

眠気以外の主な副作用としては、発疹や発赤、かゆみなどの皮膚症状が出ることがあります。
また、吐き気や腹痛などの胃腸症状を起こす人もいます。
肝機能が低下している人では、肝機能値に異常が出ることもあります。
腎臓や肝臓が良くない人や薬にたいするアレルギーのある人、ほかの薬を飲んでいる人は、クラリチンEXを使用する前に医師や薬剤師などによく相談したほうが良いでしょう。