花粉症の症状がひどい場合はアレロックが効果的!

花粉症の症状がひどい場合はアレロックが効果的!

花粉症は一度かかると毎年発症してしまうというやっかいな病気です。
しかも、花粉症にかかる季節は人によって違います。
多くの人はスギ花粉やヒノキ花粉の飛散量が多い2月から4月くらいの時期に発症しますが、植物の花粉は一年中飛散しているため、夏から秋にかけても花粉症になる人がいます。

アレロックは、花粉症によって起きる鼻水や鼻づまりなどの症状を改善してくれる薬です。
この薬は第二世代の抗ヒスタミン薬に含まれる薬で、第一世代の抗ヒスタミン薬とくらべると副作用が少ないことが特徴となっています。
アレロックは、スギ花粉やヒノキ花粉など、すべての花粉によって起きるアレルギー症状に効き目があります。

この薬の主成分は、オロパタジン塩酸塩というものです。
花粉症にかかっている人では、体内にスギ花粉やヒノキ花粉などのアレルゲンが入ってくると、肥満細胞からヒスタミンという物質が放出されます。
ヒスタミンは免疫機能を正常に働かせるために必要な物質ですが、これが過剰に放出されてしまうと体内で悪さをしてしまうのです。
とくに鼻粘膜にあるヒスタミン受容体に結合した場合には、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状を引き起こします。

アレロックは、このヒスタミンが受容体に結合することを妨げることでアレルギーを抑える効果を持っています。
ヒスタミン受容体は身体のあちこちにあり、かゆみや痛みなどにも関係しています。
そのため、アレロックを飲むことでアレルギーによって起きる様々な症状を緩和することができるのです。

アレロックの服用方法としては、1日に2回オロパタジン塩酸塩として5ミリグラムのものを1錠ずつ飲むようにします。
また、子供の場合には1日に2回オロパタジン塩酸塩として2.5ミリグラムのものを1錠服用します。
なお、症状や年齢によっては服用量が増減されることもあります。
この薬は、アレルギー症状が起きる原因そのものを治療してくれるわけではないので、症状が出ているあいだは継続して飲み続ける必要があります。

アレロックは眠気を誘発させやすいので服用時間は注意

第一世代の抗ヒスタミン薬は、人によっては眠気やだるさなどの副作用が強く出てしまうことがありました。
これは、ヒスタミンを抑える成分が脳の中枢神経にはたらいて鎮静効果を示してしまうためです。
また、第一世代の抗ヒスタミン薬は、高齢者が使用するのも控えたほうが良いとされています。

しかし、第二世代の抗ヒスタミン薬であるアレロックでは、こうした副作用は少なくなっています。
それは、アレロックの有効成分であるオロパタジン塩酸塩が脳血液関門を通過しにくいためです。
アレロックは、脳の中枢神経にたいする鎮静効果が少ないため、眠気や意識の低下などが起きにくいのです。

ですが、誰でも副作用が起きないというわけではありません。
アレロックを飲んだときに眠気を起こす人は全体の約11.6%ほど、倦怠感を感じる人は約1.5%ほどいるとされています。
そのため、自動車の運転をする場合や危険な作業に従事している人では、この薬を服用する場合には注意が必要です。

副作用が出ると、普段は眠くならない時間帯でも集中力や注意力が低下することがあります。
アレロックは通常朝と夜の2回服用するようになっていますが、自動車の運転をする前や注意力を必要とする作業をする前には、この薬を服用することは避けたほうが良いでしょう。

アレロックは飲んでから1時間ほど経つと、体内での血中濃度が最高になります。
また、血液中の有効成分の半減期は約9時間となっています。
つまり、服用してから半日ほどの間は、薬の効果と副作用が同時に現れることになるのです。
花粉症の症状がひどく、どうしてもこの薬を飲まなくてはいけない場合には、自動車の運転などの危険作業は避けるか、服用する時間帯をずらすようにしてください。